永代供養の利点とは

様々なお墓のタイプ

女性

神奈川の霊園では一般墓地の販売だけでなく永代供養も行っています。一般墓地はお墓の掃除などメンテナンスを家族などが行い、管理料を毎年支払います。しかしそのような身内がいない人は永代供養を選ぶことが増えています。永代供養は契約時にまとめて料金を支払うだけで年間の管理費は必要ありません。またお墓の管理も霊園がしてくれるのです。それにお盆やお彼岸などには僧侶による供養もしてくれます。そのため親族などにお墓の面倒をかけたくないという人も永代供養にすることが多くなっています。また一定期間をおいて永代供養に切り替えるケースもあります。神奈川の霊園の永代供養は様々なタイプがあります。個別のお墓や遺骨を合祀する永代供養墓、納骨堂などです。個別のお墓は一般のお墓と変わらず何人でも埋葬できるタイプや一人用や夫婦だけ納骨できるタイプなどがあります。合祀できる永代供養墓は個別のお墓を用意しなくて済みます。神奈川の霊園で最近増えているのが納骨堂です。これはロッカー型や棚型になっていてそこに位牌やお骨を納めることができます。室内なので天候に関係なくお参りができ、費用もお墓よりも安くなっています。納骨堂の中にはボタンを押せば家族の位牌が出てくるシステムになっているものもあり、年々便利になってきています。納骨堂も最初から永代供養を契約する場合や途中から切り替えることができます。神奈川では生前に永代供養墓を予約するケースも増えてきました。

管理体制などを確認

メンズ

終活という言葉が使われるようになり、生前に自分のお墓を購入される方も増えました。神奈川県内には海に面した立地を生かして、海が眺められる見晴らしの良い場所に霊園がある事も多く、お墓を購入される際に神奈川県を選ぶ方も多く人気です。生前に霊園を決める事で、希望の場所に自分のお墓を持つ事ができます。そんな中、霊園を選ぶ基本的なポイントとしては宗派や宗教が家族やご自身とあっているかを確認する必要があります。また、神奈川県では宗派などが決まっていない無宗教の方にも対応している霊園もあるので調べておくと安心です。お墓は定期的に家族が通う事になるので、自宅から最寄駅までのアクセス方法や送迎バスがあるかなどを調べます。また、霊園に支払う永代使用料や管理費についても調べておく必要があります。永代使用料はお墓を使用するためにかかる費用の事です。管理費は一括の場合と定期的に支払う場合があります。お墓を管理する家族や跡取りがいない場合は永代供養墓を選ぶと、墓所がお墓を管理してくれます。墓石は、予算に合わせて種類を検討します。さらに、神奈川県では、墓所のエリアによって、和型の墓石だけでなく、洋型のものなど選ぶ事ができます。すでに家族のお墓があります。しかし、お墓の周りのスペースが空いているという方にはスペースの活用法として植栽がオススメです。忙しくてお墓まいりに頻繁に行く事ができないという場合は、玉砂利を墓石の周辺に敷く方法があります。玉砂利があると雑草が生えにくくなり、綺麗なスペースを保ちやすくなります。

人気のエリアで探すには

フラワー

東京に代表される首都圏に住んでいる場合、地価が高いこともあってお墓をどうするかは元気なうちから考えておいた方がよいテーマです。特に地方出身者であれば、地元にあるお墓をどうするかということも考えなければならないことが多いのではないでしょう。首都圏でお墓を探す場合に人気の霊園が多く存在するのは神奈川県内です。東京都内に比べて価格が安めであることに加え、海や山などの豊かな自然が多く残されていて落ち着いて故人をしのぶことができる環境が整っていることも大きな理由でしょう。加えて、神奈川の霊園であれば、たとえ東京都内に住んでいても比較的アクセスはよく定期的にお墓参りをすることも可能です。地元にお墓がある場合には思い切って神奈川に改葬するというのも一つの案です。その場合には、改葬先の霊園が自家の宗旨や宗派を受け入れてくれる条件が整っているかどうかを事前に確認しておくことが必要です。最近では宗旨・宗派を問わずに受け入れてくれるような霊園もありますが、そうではないところも多いことから土壇場になって思わぬトラブルにならないようにチェックしておきましょう。また、神奈川といっても広いため、その中でどのエリアの霊園を選ぶかについてもポイントとなります。都内からのアクセスを重視するのであれば東京よりがよいということになりますが、環境を重視するのであれば山側や海側も候補となります。何を優先させるかによって霊園の選び方が変わってくるという点を念頭において探すことが大事です。