墓の購入について

選ぶ際に注目すべきこと

手を合わせる人

霊園は、どれも同じものではありません。例えば首都圏に近い神奈川には色々なタイプの霊園がありますが、いずれもそれぞれに異なった特徴を持ちます。立地的なことに注目すると、神奈川に住む人にとって便利な霊園と首都圏に住む人にとって都合の良い霊園は違うのです。他所の地域に住む人が神奈川の霊園を申し込む場合、最も重要なのは交通の利便性です。また、頻繁にお参りができないことを考えると永代供養などのオプションがある霊園が適しています。神奈川で霊園を選ぶ際には、上記のように地理的な問題だけではなく他の要素にも注目する必要があります。まず前提として、自分の宗旨に対応している所かどうか調べなければなりません。特定の宗教の寺社や教会以外の霊園であれば、ほとんどの場合宗旨は問われないため安心です。次に大事なのは、必要経費についてです。霊園の利用費用と管理費用の他、墓の購入費用が必要になるため予算に応じて考えるようにします。事前に複数のパンフレットを取り寄せて比較検討するなど、下準備を怠らないことが大事です。その他、選ぶ際に注目しておいた方が良いのが各種設備の状況です。年齢を重ねて墓参りが困難になった時、送迎バスやバリアフリーが重要な役割を果たします。そのため、家族が高齢になった時でもお参りがしやすいかどうかをチェックしておくことも大事な作業の一つです。その他、風や雨などで墓が傷まない環境かどうかも確認しておくようにします。

宗派やアクセスなどに注意

お花

東京のような大都市では人口が多いために霊園を探すのも簡単ではありません。それは東京ではなくお隣の神奈川県であっても同様です。東京近郊の中でも神奈川県は横浜市があるため、特に人口が多い地域でもあります。人口が多いということはそれだけ霊園探しも難しくなっており、神奈川県に住んでいる場合には前もって自分に合った霊園を探しておくことも大切です。しかし、神奈川県では選択肢が少ないからといって何も考えずに霊園を選んでしまうと後で困ったことになる場合もあるので注意が必要です。まず最初に注意しなければならないのは、その霊園がどんな宗旨や宗派を受け入れているかということです。場合によっては特定の宗派などを受け入れない場合もありますので、自分の宗派を受け入れてくれるかどうかは必ず調べておくことが大切です。また、その霊園のアクセスが良いかどうかというのも実は重要なポイントです。普段からはなかなか行かないからといってアクセスが良くない場所を選んでしまうと、お墓参りをする際に苦労することになる場合もあります。自宅からの距離は勿論のこと、公共交通機関を使った場合や自動車で行く場合なども考慮して霊園選びをすることも大切です。今はまだ元気なので問題ないと感じることもありますが、年をとって体の自由が効かなくなってしまうと若い頃のようにお墓参りが出来なくなってしまう場合もあるのです。また、霊園までのアクセスと合わせて施設や設備が整っているかどうかも重要です。せっかく車で行っても駐車場が無ければ不便ですので事前に確認することが大切です。

墓石の撤去や処分の費用も

女の人

神奈川の霊園は、見晴らしの良い緑地にあることが多く、人気となっています。募集数に対して応募数が多く、しかも元々の地価が高めなので、神奈川の霊園の永代使用料は、やや高く設定されています。具体的には、全国平均は20〜30万円なのですが、神奈川では50万円前後が相場となっているのです。特に、交通網が発達している地域にあったり、海辺で景色が良かったりする霊園は人気が高く、永代使用料が100万円を超えていることも少なくありません。しかし永代使用料を支払うと、文字通りその霊園では遺骨の管理を永代任せることが可能となります。基本的な供養も行われるため、遺族にかかる手間は大幅に少なくなります。そのため利用者が多いのですが、ところが中には、この永代使用権を手放すことを希望する人もいます。たとえば神奈川の霊園に埋葬したものの、他の地域にも親族の墓地があり、そこに遺骨をまとめることになった場合などです。こういったケースでは、霊園の管理団体に申請することで、永代使用権および使っていた土地を返還できます。ただし更地にする必要があるので、墓石の撤去費用や処分費用などが10〜20万円ほどかかります。しかし永代使用権を購入してから日が浅い場合には、支払った永代使用料の一部が返金されることがあります。具体的な期間は霊園によって異なっていますが、神奈川では多くの場合10年ほどとなっています。そのため返還は、時期とかかる費用とを十分に考慮しながら進めることが大事です。