充実したサービス内容

宗教や宗派に関係なく

お墓

神奈川にはさまざまな霊園があり、さまざまな充実したサービスを提供しています。神奈川にある霊園では、管理人が常駐している管理棟があるのでいつでも安心してお墓参りできます。また、駐車場や休憩所なども完備されているので、疲れたときは休憩所で休んだり故人を偲べます。そして、体が不自由な人でも気軽にお墓参りができるようにバリアフリー設計になっています。エレベーターも完備されているので移動も楽です。その他には、法要室や会食室などもあるので完備されているので葬式や法事などを霊園で行えます。管理棟も明るい雰囲気の建物になっているところが殆どなので、明るい気持ちで気軽にお墓参りに訪れることができます。最近はさまざまな宗派や宗教を信仰している人が増えている関係から、宗派や宗教に関係なく受け入れているところが殆どです。またペットと一緒に眠ることができる霊園も増加しているので、大切なペットが死んでも安心して一緒にいられます。神奈川の霊園には、富士山を眺めることができる霊園や一見すると霊園ではなく緑の多い公園のように見える霊園などもあります。その他にもさまざまなタイプの霊園が神奈川にはあるので、実際に訪れて見ましょう。もちろん、海に近い神奈川らしい海の見える霊園もいくつかあるので、海が大好きな人にはぜひ訪れて欲しいところです。そして、露天風呂のあるところもあるのでさまざまな設備やサービスを比較して選ぶことができます。

県内はお墓が充実している

合掌

お墓の事を真剣に考える機会は、人生において数えるほどしかないのが一般的です。その為、いざお墓探しが必要になった時に、あたふたしてしまう事が多くありますので、あらかじめ基礎知識だけでも覚えておくと良いでしょう。そもそもお墓は一般的に、墓地と霊園の2種類に分類されます。墓地は境内にお寺の本堂とお墓があり、住職やその家族によってお墓が管理されているものが墓地です。霊園はこれ以外のお墓の事をさし、一般的には公営や民営のお墓の事を全般に霊園と呼んでいます。神奈川県を例に取ると県内には、古都の雰囲気が残る街並みや大規模寺院が魅力の観光地があるなど、お寺が多く存在しているのが神奈川の特徴です。また、東京に比べ面積が広く景観が良い場所が多いので、霊園が続々と整備されていて、神奈川県はお墓が充実している事でも知られています。墓地にお墓を構えるにはそのお寺の檀家に入る必要があり、この檀家とは簡単にいえば自分がお寺の支援者となり、檀家達でお寺の運営を支えていく仕組みの事です。この為、長期にわたってお寺さんとの付き合いが必要になるため、近年ではこの檀家制度に煩わしさを感じ、敬遠する方が増えています。その為、最近では使用権利を購入すれば、後は気軽に利用する事が出来る霊園が高く評価されており、申し込みが急増しています。神奈川県内の寺院墓地使用料と霊園使用料を比較すると、霊園のほうが安価に料金設定されている事が多いです。霊園は整備されている地域によって金額に幅があるのが特徴ですが、平均で総額130万円前後でお墓を購入する事ができます。

公営と民営の違いと長所

お墓と花

神奈川は、北側には山々が、南側には海が広がっているという、風光明媚な地域です。気候も温暖で、日当たりと風通しとが良い場所が多いことから、神奈川は日本では特に過ごしやすい地域として知られています。そのことから神奈川には、自治体などの公共団体が運営している公営霊園も、宗教法人などが運営している民営霊園も多数あります。霊園とは、公園のように花壇や通路などをバランスよく配置した墓地で、一般的な墓地と比較すると雰囲気が明るく、広々としていることから人気があります。ここで眠る魂にとってはもちろん、墓参りに訪れる親類縁者にとっても快適ということで、話題となっているのです。しかも神奈川の霊園は、先述した地理的な条件から、ロケーションが特に優れているのです。緑が多く、高台にあれば青い海や空も眺めることができます。そのため神奈川の霊園での永代供養を希望する人は、増加しています。特に民営霊園の場合は、神奈川以外の地域に住む人でも利用可能となっているため、全国から多くの人が申し込みをしています。一方公営霊園の場合は、神奈川に3〜5年ほど住んでいる人でなければ利用できないことがほとんどです。しかし民営と比較すると利用料金が安く、なおかつ運営が安定していて、永代供養を安心して任せることができるため、やはり需要が高まっています。利用者の募集時期には応募が殺到するため抽選が行われますし、しかもその倍率は10倍以上となっているのです。